最新オフィストレンド
2019.1.30

働く環境を守る!オフィスチェアの正しい選び方とトレンド

(画像=CRAFT24/Shutterstock.com)
(画像=CRAFT24/Shutterstock.com)
「長時間のオフィスワークで腰痛になった」という経験を持つ人は少なくないでしょう。オフィスで働く人は、オフィスチェアの上で1日の大半を過ごすので、身体に最も近い家具といっても過言ではありません。そこで今回は、働く環境を守るためのオフィスチェアの正しい選び方について見ていきましょう。

オフィスチェアを正しく選ぶポイント

1.用途・目的別に選ぶ
オフィスにおける椅子の用途としては、「執務用」「会議用」「休憩用」の3パターンが考えられますが、ここでは執務用のオフィスチェアについてご紹介します。
まず、椅子は用途に応じて、形状や高さ、素材などを選ぶ必要があります。また、職能によってオフィスチェアを使い分けるという考え方もあるでしょう。例えば、エンジニアなど長時間デスクに向かって集中するような職種なら、座りやすく腰痛や肩こり防止など人間工学に基づいた高機能なオフィスチェアが適しているでしょう。
営業職でほとんどオフィスにいない、または社内のフリースペースで自由に仕事をするような場合であれば、スペースをとらないコンパクトなオフィスチェアというように、それぞれに適した椅子を選ぶ方法もあります。

2.床材に合ったキャスターを選ぶ
意外と知られていないのが、床の材質とキャスターの組み合わせです。オフィスチェアに使われているキャスターには、柔らかい床用(カーペットなど)と、硬い床用(フローリングなど)の2種類があり、推奨されていない床材とキャスターの組み合わせだと、滑り過ぎたり動きが悪くなったりすることがあります。オフィスチェアを正しく使うためにも、床材とキャスターの組み合わせには注意しましょう。

3.身体にフィットさせる
オフィスチェアには高さの調節など、さまざまな調節機能がついています。こうした機能を活用して身体にフィットさせることで、腰痛や肩こりも軽減されるでしょう。一般社団法人 日本オフィス家具協会(JOIFA)によると、正しい姿勢を保つためのチェックリストは以下の通りです。
  • 座席部分の奥まで深くしっかりと腰掛ける
  • 骨盤の上部をしっかり背もたれにつける
  • かかとを床につける
  • 太ももの上部を水平にし、ひざ下は床と直角にする
  • 座面の高さの目安は「身長×4分の1」とする
  • デスク高さの目安は「座面高プラス差尺(身長×6分の1)」とする

高級オフィスチェアといえば「アーロンチェア」

高機能オフィスチェアの代名詞ともなりつつあるのが、米国ハーマンミラー社の「アーロンチェア」です。人間工学や人体の運動理論に基づいた設計で、世界で初めてメッシュ素材を取り入れた。メッシュ素材が理想的な体重分散を実現し、腰痛を起こりにくくするといいます。

価格は1台約9万円台から20万円台までと決して安い買い物ではありませんが、使用者からは「腰痛が軽減した」「まるで浮いているよう」といった声が上がっています。12年間という長期保証がついているのも人気の秘密といえるでしょう。

リーズナブルでも疲れにくいオフィスチェアを選ぶ

アーロンチェアは高機能なオフィスチェアとして高く評価されていますが、その分「高額」というデメリットがあるのも事実です。
会社全体としてアーロンチェアを導入するのは難しい場合は、リーズナブルなオフィスチェアの導入を検討してみてはいかがでしょうか。最近は、数千円からでも購入できる疲れにくいオフィスチェアなども多くなってきています。例えば、オフィスチェア「腰楽」は、腰への負担を軽減するランバーサポートがついており、価格も税抜6,980円とリーズナブルです。また、オフィスコムで販売されているチェアは、赤や青、黄色などカラーバリエーションにも富んでいるので、より個性的でオシャレなオフィスにするためのアイテムとしても役に立つでしょう。

オフィスチェアは生産性に直結する

オフィスチェアは、生産性を大きく左右するオフィス家具といっても過言ではありません。1台数万円の快適なオフィスチェアを導入することで、従業員の健康状態とモチベーションが改善され、職場環境が、長い目で見て十分な投資効果があるといえるでしょう。何より、「健康経営」を重視する昨今のトレンドにも合致します。オフィスの移転やリノベーションを検討するならば、必須アイテムであるオフィスチェア選びにもこだわってみてはいかがでしょうか。

>>【eBookダウンロード】東京のオフィスで 企業価値を高める不動産戦略
>>まずは区分所有オフィス®︎の資料を請求してみる
 

 

【オススメ記事】
オフィス内「ファミレス席」、なぜ人気?
お菓子だけじゃない!オフィス置き型サービスがこんなに進化
お洒落オフィスの常識?!先進企業はなぜ床を人工芝にするのか
自社ビルのメリット・デメリット
日本通運、自社ビル建設でCRE戦略を強化

NEXT お洒落オフィスの常識?!先進企業はなぜ床を人工芝にするのか
PREV やる気に直結?オフィスのカラーイメージとその効果